カラス撃退はカラスとの根気と知恵比べ

main-img

生ゴミをあさってゴミ置き場を散らかしたり、ベランダに吊してあったハンガーや服を盗んでいったり、糞で汚れたり、特に産卵期のカラスの被害には悩まされます。

カラスは賢いので、少し驚かせたくらいではひるみません。

話題の最新カラス撃退に関してお困りですか。

人をバカにするような態度すら取る始末です。


ゴミ置き場のカラス撃退方法で、最も一般的な方法はゴミ袋をネットで覆う、カラスネットでしょう。しかし、少しでもネットにすき間があると悪賢いカラスは、ネットを持ち上げてゴミをかき出してしまいます。
ベランダに来るカラス対策に有効とされるのが、ベランダの手すりの部分に透明でキラキラ光るテグス糸(釣り糸)を何本か、侵入するカラスの邪魔になるように、ランダムに張りめぐらせることです。

NAVERまとめ情報を簡単に請求できます。

しかし、テグス糸は不用意にさわると、指などを切る危険があるので、小さなお子様がいるご家庭には不向きでしょう。



また、カラスが嫌いなものを吊すことも効果があるとされます。


キラキラ光るCDのディスクやパーティモール、目玉模様、カラスの死体のレプリカも効果があるといわれます。また大きな音や、カラスが襲われているときの鳴き声を流すといった方法もありますが、住宅密集地では難しいでしょう。

カラス撃退は、どの方法も最初はある程度の効果はありますが、カラスが危険ではないと学習してしまうと、全く効果がなくなってしまうのです。
カラス被害を防ぐには、まずカラスがやってこないように、対策しておくことが大切です。


ゴミ置き場のゴミには、きちんとカラスネットを張る、ベランダや家の外にカラスが巣の素材として盗みそうなもの、針金ハンガー、ビニール袋などは片付けておくなど、カラスの標的になりそうなものは、外に置かないように心がけましょう。


カラス撃退は、根気と知恵比べです。

状況をみて、その都度、吊すものを変えるなど、方法を変えてみて、カラスが慣れてしまわないようにすることも効果的です。

生活が気になる方

subpage01

カラスには大型でくちばしの大きいハシブトカラスと、それよりは小型でくちばしがシャープなハシボソカラスがいます。どちらも雑食性で生息場所が重なることもありますが、基本的には捕食方法が異なります。...

more

ためになる情報

subpage02

コウモリは、日光が降り注ぐ昼間は、薄暗い洞窟や人家の屋根裏で身を潜めています。そして日没と共に、外に飛び出してエサを捕食しに行きます。...

more

基礎知識

subpage03

コウモリの被害は年々増え続け、屋根裏に棲みついたり時には部屋に入ってくる事もあります。コウモリの様な野生動物は、どの様な病原菌を持っているか分からないので無理やり追い出すと噛まれた時に大変な事態になります。...

more

難しくない生活

subpage04

近年では、コウモリの数が増え住宅地でも様々な被害が起きています。住宅であれば軒の裏やシャッターボックスそして屋根裏に入り込んで巣を作っているケースもあります。...

more